企業法務は専門家

企業法務というと、社内の法律に関連する業務を一手に引き受ける仕事であり、専門性が非常に高いものです。
それでありながら、さまざまなシーンでの折衝をこなすコミュニケーション能力も兼ね備えていなくてはいけないビジネス戦士でもあります。
難しい仕事ですが、その分やりがいが大きく、会社の要とも言える仕事が多い重要なポストです。

企業間の商取引には契約書などの文書をやり取りすることが一般的です。
もちろん、個人を相手とする契約もありますが、いずれの場合にも契約書は絶対的な意味を持つものとして慎重に取り扱われなくてはいけません。
契約書の不備はもちろん、自社の損失やトラブル、リスクの原因となるような文言を避け、できる限り有益な取引内容となるようにする必要があります。
こうした文書の過不足のない作成には、法律の知識が必要となります。
商取引は法律を遵守したものであり、またその中で自社にとって有利なものとして運ぶために双方が歩み寄ります。
しかし、その歩み寄りの中で不備があると、それを元に相手先が支払いを拒否したり自社の不利になるような事態へと発展するケースもあります。
企業法務の仕事はこうした事態を少しでも減らすために、法律と会社の利益のどちらも網羅した契約書の作成をすることになります。
また法律は企業間や企業と消費者間だけのものではありません。
会社は雇用している従業員とも法律で結びついています。
雇用契約や労使問題、就業規則なども法律に基づいて定められており、企業法務の範疇となります。

社内から社外、企業全体から従業員一人一人までと幅広く、また深く関わりを持つ法務ですが、初めは皆初心者です。
当サイトでは未経験者の法務関連部署への就業と成長について考えます。


☆特別外部リンク
低価格で企業法務を依頼することが出来る顧問弁護士サービスです⇒ 顧問弁護士

Copyright © 2014 未経験から企業法務を目指すには All Rights Reserved.